ケース別保険設計の考え方

結婚をした場合

結婚して保険に加入する場合、おさえておきたいポイントが3つあります。
1.10年や30年といった長期的に考えた保険を選ぶこと。自分がもし死亡した際に家族の生活を守ることができる死亡保障を確保することが大切です。
2.入院保険・がん保険・三大疾病対策など治療を目的とした保険をおさえること。
3.自分の希望を明確にし、優先順位をつけること。
この3つを最低限、おさえておけば保険選びに失敗することはないでしょう。
結婚をしたということは、家族を養う義務・責任ができたということです。
だからこそ、自分が死亡した場合のことを考えて、保険を選ぶ必要があるのです。
また、最近では夫ではなく、妻が家計を支えている場合もあります。
その場合、妻が死亡した場合の方が経済的に困ってしまうので、妻に大きな保障をつける必要があります。
そのため、2人のうちどちらが経済的損失が大きいかをしっかりと考えてください。
そして、結婚してから保険に加入するのであれば、早めに加入された方が良いでしょう。
なぜなら、健康条件で問題が出てしまった場合、購入したくても、購入できなくなるからです。
こういったリスクもあるので、後から上乗せするのではなく、今のうちから家族を守れるような保険に加入しておくというのもひとつの方法です。

 

 

 

マネモ
無料保険相談とは?

 

保険相談の流れ

 

無料生命保険相談ランキング

 

保険相談サービスのご紹介

 

保険相談のメリット&デメリット

 

生命保険無料相談のQ&A

 

FPの選び方

 

生命保険の豆知識

 

ケース別保険設計の考え方

 

見直しのためのチェックポイント

 

失敗しない保険会社の選び方

 

生命保険の種類

 

生命保険の比較方法

 

生命保険選びのコツ

 

生命保険相談のための準備

 

必要保障額の算出

 

用語集

 

生命保険を見直したいけど、無料相談を受けたら加入させられるのでは?と心配な人に、無料相談を賢く利用して家計を節約する方法をご紹介します。 また、生命保険を無料相談できるサイトを口コミからランキングにしてみました